未分類

頭が良くなる思考法【頭の良い人が話す前に考えていること】要約まとめ

頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ

頭が良くなる思考法【頭の良い人が話す前に考えていること】要約まとめ


 

 

安達裕哉さんの著書、

『頭の良い人が話す前に考えていること』ってどんな本なんだろう?

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、

安達裕哉さんの著書、

『頭の良い人が話す前に考えていること』の

重要なポイントを簡潔に紹介します。

 

【 頭のよさは2種類ある】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

「学校的知性」

[数字やテストで測れるもの]

IQや偏差値、理論的思考、記憶力など

「社会的知性」

[数字やテストで測れないもの]

他者の思考を読み、信頼を得て、他者を動かす能力

 

【 考えて話す(会話)】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

ちゃんと考えて話す(会話)というのは、

「相手の言っていることから、その奥に潜む想いを想像して話す(受け答えをする)」

ということ。

 

これは、学校的知性ではなく社会的知性がもたらすものである。

【 話しが伝わらない】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

相手に話しが伝わらないということは、

「話し方が悪いのではなく、考えが足りないせい」である。

 

事前によく考え、自分の考えをまとめて、分かりやすく話そうと意識することが大切です。

 

【考える=整理すること】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

考えるとは、整理すること。

「理解している」 は 「整理されている」 と同義である。

話しの分かりやすさは、

理解の深度で決まり、

理解の深度は、

どれだけ 「分けて」 「整理できているか」で決まる。

【 考えてから話す】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

「ちゃんと考えてから話す」ということは、

「相手が受け取る言葉の意味を想像し、できるだけ齟齬がでないように話す」

ことである。

 

「この言葉を使ったら相手がどのような意味にとらえるか」まで想像して

「使う言葉」を選ぶ。

 

定義が曖昧な言葉は使わないようにするか、

言葉の定義をはっきりさせることから始める。

【 話すまえに考える】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

話す前にちゃんと考えるということは、

自分の知識の披露ではなく

「これから話すことは、本当に相手のためになるのか?」という視点を持つこと。

 

【教わるのがうまい人】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

教わるのがうまい人は、

聞きやすい人や身近な人ではなく「聞くべき人」を考えてから聞きに行き、

さっさと課題を解決し、成長していく。

「聞くべき人」とは、どんな人だと思いますか?

それは、

「答えを知っている人」であり、

「的確な助言をくれる人」なのです。

 

【 知らないふりをする】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

頭のいい人は「賢いふり」ではなく「知らないふり」をします。

その理由は、

・話しを聞いた方が得られるものが多い。

・「自分はまだまだだ。知らないことがたくさんある」ということ

しっかりと理解できている。

・会話をスムーズに進ませる為に知らないふりをする。

(相手を喜ばせるために聞き役に徹する。→良好な人間関係の構築に繋がる)

 

賢い人は、自分の話をほとんどしません。

会話においてそれが重要ではないと分かってるからです。

求められているのは経験談ではなく、本質的な答えであることを理解しているからです。

そして、時間の大切さも理解しています。

だから、だらだらと時間を浪費する会話はしたくないと考えているのです。

 

【まとめ】(頭の良い人が話す前に考えていること要約まとめ)

 

この記事では、

『頭の良い人が話す前に考えていること』の中でも

重要な部分を厳選して紹介してきました。

 

『頭の良い人が話す前に考えていること』は、

相手に自分の考えや意見を分かりやすく伝える為の

本質的な考え方を分かりやすく解説してくれているビジネス書です。

ぜひ手にとって読んでみてください。